読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

差jぢょ憂いゑy路居上wyレw慮意売れ尾wqy炉言うくぇyろいう

油尾プアゑy朗ウェルイオyウェ王位ry有為追え地俺w照りうtに植えろティお植えryh対家w路p対オペwるちぽゑうr地上w里歩つイオゑprtういおえるちお

清純派はもう無理!中山美穂が25歳年下男を“調教”する悪女を演じる裏事情

女優の中山美穂が、8月20日スタートのWOWOWの連続ドラマ「賢者の愛」で約2年ぶりに連ドラに主演し、悪女役を演じることが話題となっている。

 中山は25歳下となる、自分の初恋の男性と結婚した親友の息子・澤村直巳を20年の歳月をかけ、復讐の道具として自分好みの男に“調教”するという役どころ。80年代に人気アイドルとしてブレイクした中山は、10年に作家でミュージシャンの辻仁成と結婚するが、妻となってからも元トップアイドルらしく、イメージを大切にしてきた。

「アイドルから女優に転身、そして結婚後も、いわゆる清潔感ある美女として売り出されてきました。10年に公開された主演映画『サヨナライツカ』(アスミック・エース)や12年に公開された『新しい靴を買わなくちゃ』(東映)などがその良い例でしょう」
 それが一転、今回の艶っぽい悪女役となるわけだが、その背景を前出のスポーツ紙デスクはこう語る。

「中山は14年に元夫の辻氏と離婚騒動の渦中、音楽家のS氏との交際が取り沙汰されました。当時の中山は所属事務所をはじめ周囲の声にまったく耳を傾けず、完全に恋に恋する乙女状態。結果、それまで築き上げていたイメージも瓦解し、仕事も減ってしまいました。本人もさすがにそのことは理解していて、今回の悪女役は復活のための新境地開拓といったところでしょう」

 熟年となったミポリンがどんな悪女艶技を見せるかに注目である。

http://agiouerop.mori8.jp
http://agiouerop.i-ibaraki.jp/
http://agiouerop.tsukuba.biz

BABYMETAL最新アルバムの「“来日”記念盤」表記に「どこの国の大物だ!」と失笑

世界各国でアルバムがチャートイン、先日行われた野外ロックイベント「フジロックフェスティバル’16」でも入場規制が掛かるほどの人気を見せつけた、日本発信のアイドルメタルユニット・BABYMETAL。その勢いは止まるどころか、9月19日、20日に行われる初の東京ドーム公演でさらに加速しそうだ。

 ところが、この公演を巡るプロモーション展開に批判が出始めている。

 今回の公演を記念して、1stアルバム「BABYMETAL」と2ndアルバム「METAL RESISTANCE」の2作をそれぞれ特典DVD付きの紙ジャケット仕様で新たにリリースすることがアナウンスされたが、この2作に付けられた「来日記念盤」という文字が、ロックファンの顔をしかめさせているのだ。

エアロスミスじゃありませんからね(笑)。ベビメタは海外ではなくて日本のユニットですから、日本に来てくれたわけではない。あきらかに“来日”ではなく“凱旋”です。それが海外で成功したことで浮かれてしまったのかわかりませんが、おそらくバンドの意思ではなく、レコード会社と事務所が『“来日記念盤”としたら面白いね』という悪ノリで付けたのでしょう。ジョークとはわかりますが、まったく面白くない。もちろん、こんなことでベビメタ人気が今すぐ落ちるわけではありませんが、彼女たちを認め始めたロックファンたちも『勘違いも甚だしい』と、少なからずあきれていますね」(音楽ライター)

 ネットの声を拾ってみても「偉そうに来日とか、調子コキすぎ」「どこの国の大物さんですか?」「来日記念盤て(笑)、もうストーンズやクイーンに肩を並べたつもりかよ」など、ジョークはあまり通用していない。

 リードボーカルを担当するSU-METALの歌唱力、海外の実力者もうなるバンドの演奏力など、そのパフォーマンス力で評価がアップしているだけに、些細な驕りが命取りにならないとも限らない。今回も1stアルバムの特典DVDだけ発売当時のものと異なる映像に差し替えるなど、その商法にも「早くもぼったくりアイドル商法」と一部からは批判が出ている。日本ではドヤ顔が許されても、世界的に見ればキャリアはまだド新人。今後も地に足をつけて、誰しもが“来日”を喜べるアーティストへと成長してほしいものだ。

http://agiouerop.mori8.jp
http://agiouerop.i-ibaraki.jp/
http://agiouerop.tsukuba.biz

大河「真田丸」赤ちゃんに「紙オムツ」映像 「ミス」「わざと」ネットは大騒ぎに

NHK大河ドラマ真田丸」に真田信幸の子「仙千代」が赤ちゃんで登場した際、現代の「紙オムツ」を着けた姿がテレビに映り、視聴者の間で「ミスか?」と大騒ぎとなっている。

ネット上では、銘柄は何?という詮索も始まった。一方で、三谷幸喜作品だけに「狙ったものではないのか?」という疑問も噴出した。

最初は「パンパース」説。その後、銘柄の詮索も始まる
問題のシーンは2016年7月31日放送分の第30回「黄昏」の中盤に現れた。真田昌幸の浮気相手、吉野太夫が実は女スパイだったとして、女は昌幸の前で刺殺される。意気消沈した昌幸は妻の元に戻り、縁側でくつろぎ謝罪の気持ちがあったのか妻を抱き寄せる。そこに現れたのが信幸の妻の「こう」と「稲」で、2人はそれぞれ赤ん坊を抱いていた。昌幸は嬉しそうに赤ん坊を見たり、抱いたりし、和やかなムードが広がったのだが、その後に「こう」が自分の子供の「仙千代」を抱き抱えてあやすと、「仙千代」の着物が大きくまくれ上がり紙オムツがはっきり見えてしまった。

番組終了直後、ネット上で、

大河ドラマ真田丸、毎週楽しみにしてるけど、赤ちゃんのおむつが現代の紙おむつのパンパースだった」
というツイートが、テレビ画像の写真とともにアップされると、大騒ぎになった。

ネットでは、「NHKやらかしたー!」「痛恨のミス!」などと大騒ぎになり、ツイッターには「パンパース」と書いているが、ブランドは「ムーニーマン」ではないのか、とか、「メリーズ」「マミーポコ」などの名前があがり詮索が行われた。

ところが次第に、このシーンに疑問を持つ人が増えていく。というのも、赤ん坊の着物が不自然に見えるほど大きく捲り上がっているからで、これで紙オムツが出ていることに誰も気が付かずそのまま放送したとするなら、不自然すぎるというのだ。実は「真田丸」、放送開始から現代的要素を取り入れていると話題になっていて、ヒロイン「きり」を演じる長澤まさみさんのセリフが「現代的すぎる」として批判を浴びたのは記憶に新しい。

「三谷さんの術中にハマってますな」
三谷さんは現代的要素を入れていることに関し、16年1月28日付けの朝日新聞夕刊のコラムで反論している。現代的なセリフ回しを取り入れた事に関しては、当時の言葉を再現するのにどれだけの意味があるのか、とし、

「彼らの心情をリアルに描きたい。そのためには、僕らが今喋っている形に近い言葉が必要なのだ」

などと反論している。こういうことから、今回の紙オムツも現代風を取り入れているに違いない、といったうがった意見も結構あり、

「三谷さんの術中にハマってますな」
「おむつ以外にも化粧や髪型、衣装や話し方等 全て現代化してる。随分前からもうグダグダってレベルじゃねーだろ わざとだろ」
「こういう話題性を呼ぶ仕掛け、これからもちょこちょこぶち込んできそうだな」
などといったものが掲示板に出た。

また今回の放送では、年老いた秀吉が家来の前で失禁するシーンも描かれている。赤ん坊に紙オムツを付けるアイディアがあるなら、本当に必要なのは秀吉だったとし、

「秀吉が垂れ流しだというのに、赤ちゃんには紙おむつか!」
「秀吉にアテントはかせるのが先だろう」
といったコメントも出るほどで、

「『真田丸』は時代劇じゃなくてコントだから」
という感想も流れている。

赤ちゃんに紙オムツを着けた映像を放送に使ったのは、単なるミスなのか、それとも何らかの思惑があったのか、NHK広報にJ-CASTニュースが16年8月3日に取材を申し込んだが、「担当者は外出中」ということで3日中の返事はできないということだった。

http://sdfsjdfsjfl.tsukuba.biz
http://sdfsjdfsjfl.i-mito.com
http://blog.eigyo.co.jp/sdfsjdfsjfl/

小籔千豊は徹底した「小池嫌い」 「一番ディスらなあかん」に視聴者唖然

お笑いタレントの小籔千豊さん(42)が情報番組「バイキング」(フジテレビ系)の中で、小池百合子新都知事(64)を「ディスらなきゃいけない」などと批判したことが波紋を広げている。

あまりの徹底した「反小池」の姿勢は視聴者の目に奇妙に映ったようだ。

「めっちゃ嫌な人...って思いました」
8月2日の番組では「今だから話せる!都知事選SP」と題し、先の都知事選を振り返る特集を放送。政治ジャーナリストや現役都議がゲストとして登場し、裏話や考察を披露した。選挙期間中には「公平性」の観点から自由な発言を封印していた番組レギュラー陣も、この日は「解禁」だ。

司会の坂上忍さん(49)は冒頭で「もう選挙期間も終わったので、今日はバランスとかフォローとか一切無視してトークしていきます!」と宣言した。ただ、「自由な発言」が最も際立っていたのは、小藪さんだった。

主要3候補が生出演した7月19日の番組映像が流れた時のことだ。映像は、小池氏が街頭演説で鳥越俊太郎氏(76)を「病み上がりの人」と表現したと鳥越氏本人から追及される場面のものだった。

すると小藪さんは「さっきのVTRにはなかったけど、(最初に)小池さんは『言ってません、記憶にございません』って言ったんですよ。(しかし)途中で毛色弱なった時、『私はそういうつもりで言ったんです』って2回くらい言ってた」と指摘。

「ウソついてるやん。記憶あるやん。こんなコロコロ立場で意見変わる人、この先、議会行ったって『記憶にございません』をええ感じに使う人になるんちゃうん。めっちゃ嫌な人...って僕思いましたけどね」
と、当時やりとりを聞いていた際の感想を打ち明けた。

「何の恨みが...」「麻痺してるのか」
その後、ゲストの1人として出演した都議会の会派「かがやきTokyo」所属の音喜多駿都議(32)が2日の小池氏初登庁時の舞台裏を語ると、今度は

「小池さんの味方ばっかするコメントで、さっきからなんか気持ち悪い。小池側のスパイちゃうか?さっきから小池寄りやな!」
と、ここでも小池氏に対する反発を露わにした。そもそも音喜多氏は番組序盤で小池氏支持であることを明かしており、そのことを聞いていたとすれば的外れな反応だった。

そして後半、坂上さんが「これから小池さんがどうできるかだからね」と小藪さんに話を振った際には、「『鳥越さんが悪かった』『増田(寛也)さんがどう負けた』とか、そんなんどうでもええ」と言い切り、

「小池さんのマニフェストをバチっと出して『この中で半分以上できんねやろうな、あほんだらァ!』言うて、僕らがもう1回政策を頭に入れて、チェックする。これから一番ディスらなあかんのは小池さん」
と熱弁した。ちなみに小藪さんは東京都民ではない。

発言の直後、坂上さんから「ディスるじゃないだろ」と指摘されると「ディスるっていうか、『頼むぞ』ってチェックしていかなあかん」と訂正したが、徹底した小池氏批判の姿勢や、行き過ぎた表現に違和感を抱いた視聴者も少なくなかったようだ。

放送中から後にかけ、ネット上には

「disる前提で話してるけど何の恨みがあるんだよw」
「小池さんが嫌いだということは凄く伝わってくるけど...」
「唖然とした。坂上氏がディスりは違うだろと反論してたのが救い」
「選挙終わってすぐ何もミスしてない200万票以上の支持を得た人間をdisれる感性って勇気なのか麻痺してるのか」
といった声がいくつも投稿されている。

http://sdfsjdfsjfl.tsukuba.biz
http://sdfsjdfsjfl.i-mito.com
http://blog.eigyo.co.jp/sdfsjdfsjfl/

フリー転身も不調の田中みな実アナが婚活本格化! 一人旅で神頼みも!?

TBS在籍時はぶりっ子キャラでエースアナとして活躍するも、フリー転身後はいまいちパッとしない田中みな実アナ。

 プライベートでも、交際が伝えられていたお笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の藤森慎吾と破局するなど、公私ともに不調気味だ。

 古巣のTBS局員はこう語る。

「田中アナは悪いコではないし、あのぶりっ子キャラも良く言えば、サービス精神とプロ意識の表れですからね。ただ、あのキャラが災いして、男性ウケは悪くないものの、女性ウケがことのほか悪い。『フリーでやっていくうえで、同性視聴者のウケの悪さは致命的では?』と退社前から噂になっていましたが、案の定といったところですね」

 まして昨今では、フリー女子アナのサバイバル競争は激化しており、今春には元フジテレビのエースアナの加藤綾子アナも参戦し、さらに熾烈さを増している。

 そうした中、当の田中アナも、最近では仕事よりも恋愛に力を入れているようだ。芸能プロダクション関係者は明かす。

「田中さんも今年11月で30歳になる。後輩女子アナも多く、“女子アナ30歳定年説”なんて言葉もあるように、今後これまで以上の伸びしろを見せるのは、なかなか至難の業でしょう。当人もそのことを理解しているのか、かなり婚活に力を入れていて、懇意の大手芸能プロダクション社長にも『誰かいい人がいたら紹介してくださいよ~』とおねだりしているようです」

 さらには、こんな話も。

「最近、田中さんはプライベートで四国に一人旅し、金刀比羅宮をお参りにいったそうです。金刀比羅宮といえばパワースポットとして有名で、縁結びの御利益もあると言われていますからね」

 神様や懇意の芸能プロの社長にもすがるなど、婚活モード全開の田中アナだが、果たして御利益を受けて良縁に恵まれることはできるのか!?

http://blog.eigyo.co.jp/sdfsdfsdfsdfj_0801/
http://hfaoeiusdofau.i-toride.com
http://i.anisen.tv/hfaoeiusdofa/

ベッキーに「おかえりコール」殺到も復帰を認めるのは「地上波以外」に限る?

7月5日、BSスカパー!の音楽番組「FULL CHORUS~音楽は、フルコーラス~」でレギュラー番組復帰を果たしたベッキー。その放送直後にはツイッターとインスタグラムを更新。番組視聴者に感謝を伝えるとともに、「お仕事リスタートです。インスタも再開します。これからもよろしくお願いいたします」と本格的に再始動することを報告した。

 ベッキーがインスタを更新するのは1月1日以来のことで、約半年ぶりの投稿となったが、わずか1日で約6万件の「いいね!」が押され、コメントも約9000件寄せられている(6日17時時点)。

 しかも、その寄せられたコメントは「おかえり! 待ってたよ!」「新たなスタート頑張れ! 応援してるよ」など、好意的なものがほとんど。批判的な意見もわずかにあるものの、コメントの大部分が応援メッセージで占められている。

 約4カ月ぶりのテレビ出演となった5月放送の「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)での涙ぐみながらの謝罪。さらに6月には復帰会見を行い、改めて不貞騒動を謝罪したベッキーだが、そうした行動も評価され、今では許されてしまったのか?

「『いいね!』を押した人たちの多くはただの野次馬だと思います。それに、いつまでもベッキーばかりイジめているわけにはいきません。彼女の後にゲスな有名人が大量に出てきましたからね。ファンキー加藤しかり、舛添要一前都知事しかり。それに、ベッキー問題は、騒動後も平然と活動していた川谷絵音のほうが完全に“悪者”扱いです。彼だけはまったく許されていませんが、ベッキーが細々と活動を再開していくことにいちいち批判する人は少ないはず。今回もBSスカパーですし、あくまで“大々的にではなく”という条件付きだとは思います」

 確かにまだまだ完全復活とはいえない状況。常に炎上爆弾を背負っている状況は変わらないだけに、ベッキーもコメントなどには細心の注意を払う必要があるだろう。

http://blog.eigyo.co.jp/sdfsdfsdfsdfj_0801/
http://hfaoeiusdofau.i-toride.com
http://i.anisen.tv/hfaoeiusdofa/