読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

差jぢょ憂いゑy路居上wyレw慮意売れ尾wqy炉言うくぇyろいう

油尾プアゑy朗ウェルイオyウェ王位ry有為追え地俺w照りうtに植えろティお植えryh対家w路p対オペwるちぽゑうr地上w里歩つイオゑprtういおえるちお

清純派はもう無理!中山美穂が25歳年下男を“調教”する悪女を演じる裏事情

女優の中山美穂が、8月20日スタートのWOWOWの連続ドラマ「賢者の愛」で約2年ぶりに連ドラに主演し、悪女役を演じることが話題となっている。

 中山は25歳下となる、自分の初恋の男性と結婚した親友の息子・澤村直巳を20年の歳月をかけ、復讐の道具として自分好みの男に“調教”するという役どころ。80年代に人気アイドルとしてブレイクした中山は、10年に作家でミュージシャンの辻仁成と結婚するが、妻となってからも元トップアイドルらしく、イメージを大切にしてきた。

「アイドルから女優に転身、そして結婚後も、いわゆる清潔感ある美女として売り出されてきました。10年に公開された主演映画『サヨナライツカ』(アスミック・エース)や12年に公開された『新しい靴を買わなくちゃ』(東映)などがその良い例でしょう」
 それが一転、今回の艶っぽい悪女役となるわけだが、その背景を前出のスポーツ紙デスクはこう語る。

「中山は14年に元夫の辻氏と離婚騒動の渦中、音楽家のS氏との交際が取り沙汰されました。当時の中山は所属事務所をはじめ周囲の声にまったく耳を傾けず、完全に恋に恋する乙女状態。結果、それまで築き上げていたイメージも瓦解し、仕事も減ってしまいました。本人もさすがにそのことは理解していて、今回の悪女役は復活のための新境地開拓といったところでしょう」

 熟年となったミポリンがどんな悪女艶技を見せるかに注目である。

http://agiouerop.mori8.jp
http://agiouerop.i-ibaraki.jp/
http://agiouerop.tsukuba.biz